新人起業家必見!資金調達の種類から交渉術までのポイントを確認しましょう

>

資金調達方法における種類の確認を行い自分に合うものを見つける

融資を受けるまで

金融機関の社員が融資の審査をする際に確認するポイントは、いくつかあります。先ずは、返済能力を確認します。例えば、起業をする場合は凡その売り上げ見込みの金額を提示するでしょうが、決算書や申告書のような書類がない分信頼を得るのが困難です。場合によっては、門前払いとなりかねません。

そこで諦めてしまう人はいますが、金融機関の社員は返済が困難な時を想定して保証人や担保の有無を確認します。資金力があると判断してもらえると、それに見合う金額の融資が受けられて当面の事業経営ができる環境を得られます。

なお、金融機関の社員と交渉をする場合、特に未経験の人は緊張してしまうかもしれません。たとえ断られても、可能な範囲で事業計画を伝えることができれば、今後の事業経営に活かせるでしょう。

融資を受けた後も大事

事業経営を続ける場合、金融機関の社員と関わる機会は出るのが想定されます。経営が軌道に乗った場合は、設備投資や新規事業を始める際に融資を受ける時があるかもしれません。


次の融資を受けるのを想定して、経営計画書の作成は1つの仕事となります。損益計画や市場のデータなどできるだけ詳しく記していると、良い印象を与えられます。適切な会計処理が出来ていないと信用を得るのが難しくなるので、財務書類の作成は欠かせません。経理に強いスタッフがいると安心ですが、難しい時は税理士などの専門家に依頼するのもアリです。その他、資金繰り表の作成は欠かせません。金融機関の社員に、健全かつ計画性があると判断してもらう内容にしましょう。

事業経営者は一つ一つの仕事を大切にしたうえで、新たな方向性を見つける作業が必要かもしれません。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る