起業する前に考える資金調達方法

新人起業家必見!資金調達の種類から交渉術までのポイントを確認しましょう

資金調達方法における種類の確認を行い自分に合うものを見つける

金融機関から融資を受けるのを希望する場合、審査が必要です。中長期的な売り上げの見込みやこれまでの実績など、詳細に確認をするのが目的です。少しでも相手に不安を抱かせてしまうと、融資を受けるのが難しくなります。そこで、審査を通過する可能性を増すためのポイントを押さえましょう。

金融機関と交渉を始める場合に持っておくと良いスキル

事業経営を始める前だけでなく続けていくと、設備投資や運転資金確保など様々な動機で資金調達をするようになる可能性があります。余程資産がある人は問題ないもしれませんが、そうでない人は知っておいて損はありません。

銀行のような金融機関から融資を受ける方法なら、低金利で受けられる可能性があります。商品によっては、年利1パーセントで利用可能な場合があります。ただし、あくまでも銀行は商売で融資の商品提供をしています。これまでの実績が無い場合や黒字化になっていない経営状態が続いていると、回収困難と判断されて融資を受け難くなります。

ネットバンキングは店舗スタッフと非対面で融資を受けることが可能で、人件費や場所代が掛からない場合は、店舗融資と比較しても手数料が低い傾向にあります。メガバンクのような信頼できる会社であれば、セキュリティ対策は万全なのが伺えます。しかし、不安や悩みが出た時はメールでのやり取りになるかもしれません。その分、スムーズな意思疎通ができない可能性はあるので、ある程度の経済や経営などの知識は必要となります。

金融公庫のような公的な機関を利用して融資を受けるのも1つの方法です。金融機関などと比較をしても金利は概ね安いのがポイントです。また、保証人を立てなくて済むので、親族など頼れる人がいない人には、利用しやすいでしょう。ただし、審査から融資まで時間を要するケースが殆どで、スムーズに進んでも最短で3週間程度は想定しましょう。銀行など民間の金融機関から融資を受けている場合は、借り換えができません。

これらの他に手段はありますが、下層部分で確認しましょう。そして、自分に合う資金調達方法を見つける以外に交渉のスキルを高める切っ掛けにしてください。

ネットでも資金調達は可能だが自己責任のレベルも要する

ネットバンキングやクラウドのような手段で資金調達を行うのも1つの方法です。店舗と比較しても金利や手数料が低い傾向にある以外に、クラウドだと魅力が伝わると融資を受ける可能性が増します。しかし、様々なスキルが無いと融資を受ける可能性が下がるうえ、却って苦労をするかもしれません。

公的な手段を活用して資金調達も可能?

政策金融公庫をはじめ、公的な方法を用いて資金調達をするのも良いでしょう。近年では感染症ウイルスの影響を受けている事業経営者が多く、様々な融資メニューを案内しています。しかし、単に金利が安いとの理由で選ばないで、良し悪しを確認してから自分に合った利用へと繋げましょう。

▲ TOPへ戻る